フカセ釣り:釣研 ゼクトシリーズを使ってみた感想

みなさんこんにちは。

今日は前回に引き続き、私の使っているウキの感想を書いていこうかと思います。

早速ですが今回のウキは『釣研 ゼクト』について紹介していきます。

釣研のウキが続くのですがご了承ください・・・ポイント(釣具屋)で購入すると釣研のウキは安いのでついつい増えてしまいます(笑)

今後は釣研以外のウキも書いていきますのでよろしくお願いします・・・

フカセ釣り:釣研 エイジアマスターピースを使ってみた感想



スポンサーリンク

・釣研 ゼクトを使ってみた感想

簡単に紹介しますと、こちらのウキは徳島県出身で釣研やシマノのフィールドテスターをされている森井陽さんが監修をされたウキです。

このウキで数々の大会を制覇されていますので実績は十分ですね。(後は使う人の腕次第ですね・・笑)

形は定番のドングリ型の中通しウキです。

サイズはS.M,Lと3種類あります。

浮力は0α〜3Bまであり、Sサイズのみ00号、Lサイズのみ5Bと1号が用意されています。

ヘッドのカラーはオレンジとイエローとなっています。

このウキの特徴ですが、まずはヘッドの部分に設けられたディンプルは浮き上がりが少なくなるように設計されています。

これによって沈ませ釣りや、仕掛けが馴染んでウキがホバリングしている時などにも浮き上がりにくく、安定しています。

また、浮き上がりにくくなっているので魚のアタリも出やすいように感じました。

ウキの形ですが、ブレにくい形状のため魚に違和感を与えにくくなっているようです。

パイプ径は上下で違いがあり、上部は2.5ミリ、下部は2ミリとなっています。

このおかげでアタリもでやすく、全誘導から半誘導まで幅広い釣り方に対応できるよう設計されています。

・実際に使ってみた感想

一番使いやすかったサイズですが、やはりMサイズですね。

ある程度の遠投もできますし、視認性も十分です。

近距離から中距離までオールラウンドに使えますね。

私はこのウキを使う時は沈ませずに使うので、ヘッドのカラーはオレンジが見やすかったです。

とりあえず基本はMサイズを使用することをオススメします。

Sサイズも使っていますが近距離、足下を狙う時には感度も良くとても扱いやすかったです。

ちなみにSサイズでも意外と飛びました。

Lサイズは私は使ったことがないのですが、遠距離や沖に流して釣るのに向いていますね。

チヌ釣りなんかでも活躍しそうですね。というかチヌ用に作られてるのかな?

Lサイズでもチヌの前アタリも逃さず掛けることができるとのこと・・

なにせこのゼクトを使って一番良いと感じた部分は魚の食いですね。

これを使い出した時から、魚のアタリがわかる時が増えたように思います。

本当に使いやすいウキだと思いますので入門ようにもかなりオススメだと思います。

これから釣りを始める方でも、バリバリの玄人の方でもこれは使える一品です。

フカセ釣り:釣研 エイジアマスターピースを使ってみた感想



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする