磯釣りシーズン到来! 寒グレ攻略法その1(ウキ下の調節)

みなさんこんにちは〜

徳島では各磯でちらほらグレが釣れているという情報が出てきましたね。

徳島新聞のつりだよりによりますと、木岐の磯や由岐の磯で30センチほどのグレやアイゴ、イサギなどが上がっているみたいです。

私も以前この時期に由岐の磯に行きましてアイゴの数釣りを楽しんだ思い出があります。

アイゴは臭いし嫌いな方も多いようですが、煮付けや干物にすると非常に美味しくいただけます。

アイゴも意外とエサを取るのが上手くて釣るの難しいんですよね〜

本当に早く磯釣りがしたくて10月の連休にでも、アイゴとイサギ狙いで磯に行こうかと悩んでおります(笑)

・・・というわけで、本日は磯釣りネタを記事にしたいと思います。

まだ少し気が早いような気もしますが、今回は寒グレ狙いの基本的なテクニックのようなもの?を書いていきますので今のうちに予習しておきましょう〜(笑)

今日は寒グレ攻略法その1です。



スポンサーリンク

寒グレ攻略法その1 ウキ下の細かな調整

まあ、寒グレでなくともフカセ釣りでは当たり前のことですよね。

しかし、食い気のある時は多少適当でも全然食ってきますが、寒グレともなると食いが渋い場合も多々あるのでこのウキ下の微調整が必須となってきます。

釣れないときなんかは一日中ウキ止めの位置を変えまくるのですぐにウキ止め糸がスッカスカになっていて、いつの間にかウキ下がとんでもないことになっていたりもします(笑)

さて、グレ釣りではみなさんご存知なことでしょうが、基本的にエサが取られない場合はドンドンウキ下を深くしていきます。

しかし、ただウキの深さを変えるだけではなく、その他にも考えなくてはならないこともあります。

まず、釣りを開始する際に、寒グレ狙いの場合ウキ下は2ヒロ半くらいから始める人が多いと思います。

実際に寒グレ釣りではこのくらいのタナで食ってくることが多いようです。

撒き餌を撒いてエサ取りの姿が見えており、刺し餌もアタリがなくすぐになくなる場合、すぐにウキ下を変えるのではなく、撒き餌の効いているポイントの先(潮の流れの先)を探ってみたり、撒き餌さと仕掛けを投入するタイミングを変えてみたりと、タナの調整以外のことも試してみるのが良いと思います。

潮の流れを見て、仕掛けの投入位置をずらすことでアタリが明確に出たりもします。

また、針の付近に小さなガン玉を打つことで、ハリスが張られてアタリが出やすくなったりもします。

このように小さなアタリが取れるようにしていき、それでもダメな場合はウキ下を変えていきます。

刺し餌がアタリもなく取られてしまう場合は30センチほど浅くしていきます。

小刻みに調節していき、アタリが出るタナを探っていくことが大切です。

ウキ下を変える度に先ほど書いたことをチェックして丁寧に探っていき、その探っているタナでグレが食っていないかを的確に見極めることが重要になってきます。

そして刺し餌が残ったままで一向にエサが取られない場合ですが、単にウキ下を深くしていくのではなく、まずは撒き餌と刺し餌がちゃんと同調しているかどうかを確認しましょう。

刺し餌が全く取られていなくても、丁寧に撒き餌と同調するようにすれば同じタナでもグレが食ってくる場合はよくあります。

また、活性の低い場合は沖に出て行くことが少なく、磯際やシモリの間なんかに隠れている場合も多いので、いろいろなポイントを探ってみましょう。

やはりエサが残る場合でも、ウキ下を変える前にこのような確認をすることが大切になってきますね。

それでもアタリがない、エサが取られない場合にウキ下を変えていきます。

深くしていく場合はタナを1ヒロ以上深くしていきます。

それでもダメならまた1ヒロと深くしていきます。

ここでアタリが出ずにエサが取られた場合、30センチほど浅くしていき、先ほどと同様に探っていきましょう。

ウキ下の調整も大切ですが、それ以外にも細かくチェックしていくことが重要だということですね。

このようにして丁寧にタナを探っていくことで寒グレに出会える可能性が少しずつ上がってくると思います。

少し面倒ですがこの動作を怠らずに釣りをしていきましょう〜(笑)

この寒グレシリーズですがこれからも定期的に書いていこうと思いますのでお楽しみに!

それでは本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました!



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする