カワハギ釣り 自作の仕掛けを作ってみる。

みなさんこんにちは。

本日は月曜日ということで、また5日間の仕事が始まりました・・

しんどいですが、今週末は3連休があるということですしそれを目標に頑張っていきましょう〜

最近天気が悪い日が多くなってきましたが、連休中は良い天気になることを期待したいですね。

さて、今回のブログ記事ですが、昨日カワハギの仕掛けを作ってみましたので、それを紹介したいと思います。

すごく簡単にできますので興味があれば作ってみてはどうでしょうか。

私も素人なので参考程度にどうぞ(笑)



スポンサーリンク

・カワハギ仕掛けの作り方。

とりあえず、今回参考にさせてもらったのは、シマノから販売されている『カワハギ幹糸仕掛け』です。

①まずはハリスの先にスナップ付きサルカンを結びます。

今回のハリスはLハードの3号を使用しました。Lハードは張りがありますし、胴付き仕掛けに良いと私は思っています。

シマノの仕掛けでは、上側はスナップ付きではなく普通のサルカンが付いているのですが、私個人的にスナップが付いている方が便利なので、スナップ付きサルカンを使いました。

②次にハリスを70センチ程度出してカットします。

そして上から40センチのところに8の字結びでコブを作ります。

コブが小さすぎるとビーズが抜けてしまうので注意してください。

③そこに自分の好みのビーズを通すのですが、売られているビーズは穴が少し広目のものが多く、大きめのコブを作っていても釣りをしているとよく抜けてしまいます。

ですので私はビーズの上下には、小々サイズ(適合ハリス1〜3号)のシモリ玉を入れるようにしています。

こうすることでビーズが抜けることはなくなりました。

⬇️そしてビーズの真ん中には、ハリス止めのついた針を付けるやつ(名前がわからない・・笑)を通してください。ワンタッチハリス止めっていうのかな?

すべて通したら下側にも8の字結びでコブを作りましょう。

下側を結ぶ時は隙間ができやすいので頑張ってください(笑)

④同じ要領で、一番上のハリス止めから下に12センチの間隔、その下は10センチ間隔の部分にハリス止めがくるよう作っていきます。

ハリス止めが三カ所作れましたら、一番下のハリス止めから5センチ下にスナップ付きサルカンを結びます。

⬆️少し画像が見にくいのですが、こんな感じになります。

簡単ですがこれで完成になります。

ビーズの色や量などはド派でにするも良し、シンプルにするも良しで、自分のお好みに合わせてください。

自分で作った仕掛けで釣りをすると何倍も楽しいですし、それで良い釣果が出ると本当に嬉しいですよ。

カワハギ釣りをされる際は、自分のオリジナル仕掛けを作ってみてはいかがでしょうか?

それでは本日も最後までご覧いただきありがとうございました!



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする