今日は自分の釣りの思い出を勝手に語ります。

こんにちは。

釣りがした過ぎるのか、昨日は磯竿を曲げる夢をみました。

今週は少し天気が悪いですが週末は天気も回復するようですし、釣りには行けそうですかね。

さてさて、本日は本当にどうでもいいのですが私の釣りの思い出を語ろうかと思います(笑)

かなり暇な人だけどうぞお読みになってください・・・

自分の過去を思い出してみると、初めて釣りをしたのはいつだったかな・・・??

記憶のあるところでは小学生のときに、よくジイさんに船でアジのサビキ釣りに連れていかれてたことは覚えています。

あの頃はまったく釣りには興味がなく、アジを釣っても触るのが嫌でしたし、エサで手が臭くなることも嫌でしたね・・

それに、船に乗るとほぼ毎回船酔いをしていましたし、途中で腹が痛くなって海にう◯こをしたこともあります(笑)

正直言ってそこまでいい思い出はありませんでした。

ですが、なんだかんだ言ってアジ釣りにはよく一緒に行ってましたね。

その後は、中学生か高校生のときに父親に連れられて、牟岐大島に磯釣りに行ったのも覚えています。

その磯釣りでは寒グレ狙いで真冬に行ったのですが、朝はめちゃくちゃ早くて起きるのも辛かったですし、ガチガチの釣り人のおっさんたちに混じって渡船に乗ったのも緊張しました。

渡船から磯に渡る時もかなりビビりました。(これ落ちたら死ぬやん・・・的な)

そして何より辛かったことが、めちゃくちゃ寒い!!

なんでこんな真冬に海で釣りすんねん!! その日はずっとそう思っていました(笑)

肝心の釣りですが、仕掛けなんかはもちろんわからないので、オヤジが作ってくれました。

とりあえずわからないなりに、針にエサを付けてエサを撒いて、仕掛けを放り込んでいました。

竿が長いし重いしすごくやりにくいなあと思っていたのを覚えています。

それでもその日はグレの活性も良かったのか、何度もアタリがありました。

ジイさんと一緒に行っていたアジ釣りとは引きが別物で思いっきり竿を持っていかれていました。(笑)

アタリがあるたびに切られてしまい、オヤジは忙しそうに仕掛けを作ってくれていました。

それでもめんどくさそうにはせず、笑って作ってくれていましたね。

私が楽しそうにしていたからかな?

やはり、連れて行った人が楽しそうにしてくれたら、連れて行った側の人も嬉しいですよね。

まあ、それでも私はこのとき釣りにはハマりませんでしたが・・・

高校生になってからは、部活も忙しいですしほとんど釣りには行きませんでした。

大人になってからは何年か上京しました。

そのときに市ヶ谷の釣り堀にふと立ち寄ってみました。

東京に来てからは外で遊ぶこともほとんどなかったので、たまには釣りでもしてみようと思ったのでしょうか・・

竿とエサを購入しまして、とりあえず一時間と言って入場しました。

ウキが沈んでもエサだけとられて全然釣れませんでした。

結局むきになって3時間ぐらいやりましたが1匹くらいしか釣れませんでした。

25歳くらいのときに徳島に帰ってきまして初めて自ら進んで釣りをしました。

ジイさんに船で釣りに連れて行ってもらったり、オヤジに磯釣りに連れて行ってもらったりしました。

いろいろと教えてもらい、一人で波止や磯に行くようになりました。

初めは全然釣ることができませんでしたが、分からないことは職場の釣り好きの人に教えてもらったり、知り合いに教えてもらったりと、私は人に恵まれてように思います。

まだまだ、ヘタクソですが周りの人のおかげでいろいろなことを学ぶことができましたね。

正直磯釣りなんて教えてくれる人がいないと私には敷居が高すぎて入ることはできませんでしたね。

最終的に船の免許居もとりここまで釣りにハマるとは思いませんでしたね。

たぶん私にとっては一生の趣味になるでしょうし、釣りを教えてくれた周りの人たちには、こんなにも楽しいことを教えてくれて本当に感謝しています。



スポンサーリンク

・最後に

これから釣りを始める方は、初めはあまり楽しくないかもしれませんが、覚えてくるとこんなに楽しいことは他にありませんので是非一度やってみてほしいですね〜

今後、これから釣りを始めようと思っている方に向けて、どのような釣りをすればよいか、入りやすい釣りは何か?などのことも考えてみようと思っていますので、気が向いたら読んでみてください。

また、釣り玄人の方も意見をコメント欄にでも書いてくれたら幸いです。

さて本日は長々と自分語りをしてしまいすいませんでした・・

そして最後まで読んでいただいた方々、本当にありがとうございます。

それではまた!!!



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする