2017.8.27 徳島小神子磯周辺でのサビキ釣り(アジ、カマス)

みなさんこんにちは。

週末はいかがお過ごしでしたでしょうか?

私は土曜日にチヌのフカセ釣りに行くと宣言していたにも関わらず都合が悪くなり行けなくなるという残念な結果に・・・

代わりにとはいっても船でのサビキ釣りですが、小神子の磯周辺に行ってきました。

狙いの魚ですが、そろそろ大きくなっているであろう豆あじです。

いつもは、まずオカメの灯台やあいの瀬の灯台に行くのですが、今回は時間もなかったことと、オカメは今年はいつ行っても魚の気配がまったくなく、エサを撒いても魚が全然寄って来なかったので行かず。

あいの瀬は魚影も濃く、何かしらの魚は釣れるので行きたかったのですが、他に釣り人がいると釣りがしにくいので、今回も先客がいたため断念しました・・・

というわけで、今年はアジの釣果が安定して望める小神子の磯に直行しました。

この日釣り場に着いたのは午前6時45分ごろ・・ちょっと遅かったです。

釣り場に着いた頃には多くの釣り船が来ていました。

大きな漁船も数隻きていましたが、おそらくアジを釣っていたのでしょうか・・

みなさん小神子の沖の方にある磯の前で釣りをしておりました。

沖の方には多くの釣り人がいたので私の船は真ん中ぐらいにある磯、松の磯の前で船を停めて釣りをしました。

今回は二人で釣りをしたのですが、持って来たエサは赤アミのレンガ(170円の小さいやつ)を二つだけです・・笑

仕掛けは豆あじ用に作ってある小さい針のサビキ仕掛けに、20号のカゴを付けただけのものです。

竿はいつもの中通し竿、シマノSEAWING64(50号300です。)

サバや丸アジ用に購入した竿なので、豆あじには少し強すぎる気もしますが・・笑

この竿は値段が1万円程度でお手頃価格でしたが、使いやすくて気に入っています。

リールもシマノの8000円くらいの安いもの(名前忘れました・・)ですが、サビキ釣りには十分の性能です。

カウンター付きのリールも水深が分かるので便利ですよ。

⬆️サビキ釣りにオススメのタックルはこちらから。

さて、赤アミを溶かしまして7時頃に釣りをスタートしました。

いつもなら投入してすぐにアタリがあるのですが、今回はすぐにアタリがありません。

しかし、沖の方の釣り人の様子をうかがってみるとアジは釣れているようです。

その後、ついに竿にアタリがあります。

巻き上げてみると、カマス・・・の赤ちゃんです。

さすがに小さいのでリリース・・

再度投入しますがすぐにアタリはなく・・・

数分後、小さなアタリが。

ジンタです・・・

今日はヤバいかな・・?笑

しかし、エサを撒いているとついにアジらしきアタリが!!

10センチ以上あるアジが3匹くらいついていました。

このアジが釣れてからポンポンと釣れ出しまして、持って来ていたエサが無くなる頃には(時間にすると1時間程度)100匹以上のアジが釣れていました。もういいでしょう〜(笑)

それに、アジと一緒にカマスも数匹釣れました。

それも最初に釣れた赤ちゃんみたいなものではなく干物にはできそうなサイズのものが5〜6匹上がりました。

カマスの干物は本当に美味しいですよね〜

以前もここでカマスが釣れたので意外とここはカマスの穴場なのかも・・・

ルアーで釣れるかな?



スポンサーリンク

・結果

釣行時間 1時間ちょっとで・・

アジ 10〜15センチ 100匹以上

カマス 25センチくらい 5〜6匹

最後の方はアジのアタリが少なくなりウリボウ(イサキの子供)が釣れ始めました・・

以前小さかった豆あじも大きくなっていまして、小型のクーラーもすぐにいっぱいになりました。

釣り船もたくさん来ていましたので、やはりこのポイントはアジの好ポイントなのでしょうか・・

まだまだ釣れると思いますので、是非行ってみてはどうでしょうか?

しかし、相も変わらず小神子の磯に上がって釣りをしているチヌ師は居りませんでした・・

絶対にチヌ釣りには良いポイントだと思いますし、渡船代がもっと安ければ行きたいんですけどね〜笑

それでは、本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!!



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする