まだ8月だけど早く磯釣りに行きたい!!笑  徳島県、伊島でのグレ釣り

みなさんこんにちは・・・

お盆も終わりましたがまだまだ暑い日が続いております・・・(汗)

しかし、8月もあと半月。

磯釣り大好きな人たちはそろそろウズいてきているのではないでしょうか?

少し気が早いような気もしますが・・・(笑)

でも早い人は9月くらいでも磯に行ってるみたいですね〜

私も磯釣りにめちゃくちゃハマっていた時は9月の半ばくらいには行ってましたね・・

最近は家族もできまして小遣いも減ったので良い時期にか行ってませんが。。。

ということで、今回は少し気が早いのですが磯釣り(グレ釣り)に付いて書いていこうと思います。



スポンサーリンク

・徳島で9月に釣果が期待できる磯は?

徳島県で比較的早くグレの良い釣果が期待できる磯と言えば伊島でしょうか?

この伊島という磯は鳴門方面からの海水も入ってくるため、水温の低下が他と比べて早くなっています。

そのためか、良型のグレが釣れ始めるのも早いように思います。

私も以前、9月の半ば頃に一度伊島に行ったことがあります。

上がった磯は唐人という磯で、人気のある一級磯とのことでした。

その日は日曜日で、シーズン中にはなかなか上がることが難しい磯なのですが、やはり9月ということでお客さんも少なく、ここで釣りをすることができました。

少しシーズンを外れた時期に磯に行った時の唯一のメリットではないでしょうか?笑

肝心の釣果ですが、いくら伊島とはいえこの時期に良型のグレを釣ることは難しく、木っ端グレが大方でした・・・(自分の腕が悪いのか?)

とにかく海はまだまだ夏と行った感じでしたので、エサ取りとの戦いは言うまでもありません・・

ですが伊島でエサ取りに多いのがタカベという魚で、こいつは塩焼きなどで食べると身がふっくらしてたいへん美味しい魚です。

まあ、釣れてもお土産になるのでそれはそれでグレより喜ばれるかも・・笑

とくに夏はタカベの旬らしく、脂が乗ってとても美味しいとのこと。

一応はグレ釣りに行くのですが、結局はこいつを狙って釣りをしていることが多いです。

一旦撒き餌を撒いて寄せておくと、すぐに20〜30匹は釣ることができます。

なんか途中でエサ取りであるタカベを絶賛してしまっていましたが、タカベの他にも厄介なやつはいます。

シャミセンとか羽子板とか呼ばれている、ウスバハギですね。

こいつは沖の方にもガンガン出て行きますし、なにがうっとしいかと言いますと道糸やハリスも噛みまくってくるところですかね。(まあ、フグなんかも一緒ですが・・)

やっと、グレらしきアタリがあって魚を掛けた!!

って時にこいつに噛まれていた糸が、プチっといったり、最悪な時は道糸が切れてウキごと流してしまったりとか、そういう経験が私にも何度かあって良い思い出がないです・・

でも、こいつもハゲ(カワハギ)の仲間なだけあって味はそこそこ良いみたい。

サイズは50センチくらいあってもペラッペラではありますが・・笑

とまあ、伊島でこの時期に釣りをするときにはエサ取り覚悟で挑まないと行けませんね。

結局この日に私が釣った魚が・・・

グレ 28〜30センチ 3匹

ウスバハギ 何度も(笑)

タカベ 20匹

アイゴ 1匹

ぐらいだったと思います。

残念ながらイサギは釣れず・・・

一緒にいった人は平スズキなんかも釣っていました。

ルアーなんかも投げてみたらこの時期はおもしろいと思います。

さて、今回は私の伊島での体験談を書いてみました。

暑いし、エサ取りも多かったのですが、なんだかんだで楽しんだ思い出もあります。

出船時刻も他と比べてかなり早いですし、9月くらいですと日が出るのも早いので長い時間楽しめます。

早く磯釣りに行きたいって人は一度伊島に行ってみてはどうでしょうか?



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする