太刀魚釣り ウキ釣り(エサ釣り)編

こんにちは。

昨日は太刀魚のワインドについて書きましたので、今日はウキ釣り(エサ釣り)について書いていこうかと思います。

しかし、ドラゴン級の太刀魚って徳島では釣れないんですかね?

船で少し沖に出て釣れるのであれば、是非行ってみたいのですが・・・

ご存知の方がいらっしゃれば是非教えてほしいものですね〜

情報提供の方、コメント欄にていつでも受け付けております(笑)

さて、本題に戻りましょう〜笑

今回は太刀魚釣りでのウキ釣りを簡単に紹介します。

まず、初めてこの釣りをする方は、道具を揃えなければなりませんが、そんなに高価なものは必要ありませんし、代用できるものは代用してください。



スポンサーリンク

・太刀魚のウキ釣り(エサ釣り)で必要な道具は?

・ロッド(竿)

まずは当然ですがロッドが必要になります。

太刀魚専用のものは必要ないです。

フカセ釣りをするのであれば、グレやチヌ用の磯竿で大丈夫です。

号数は1.5〜2.0号とかでOKです。

また、磯竿もお持ちでなければ、釣具屋で安価で販売している万能竿なんかでも良いと思います。

柔らかめの竿ですと太刀魚を上げるときに不便なので、少し固めの竿をオススメします。

・リール

リールも糸が巻ければ大丈夫です(笑)

スピニングリールの大きさは2500番くらいでよいと思います。

道糸はナイロンの2〜3号程度のものを使用します。

・仕掛け

それでは仕掛けです。

まずは竿に道糸を通し、そこにシモリ玉を通します。

サイズは道糸の号数にあったものを選びましょう。

次にウキですね。

暗い時間帯に釣りをすることが多いので、電気ウキを使用します。

号数は二号くらいで大丈夫です。

ウキを通したらそのウキにあった鉛を通します。(ウキが二号なら二号の鉛でOK)

クッション付きの中通しのものを使うと便利ですよ。

そしてサルカンを結びます。

サルカンが小さすぎると鉛が抜けてしまうので注意してください。

次に、道糸に通したシモリ玉の上にウキ止めを結びましょう。

このウキ止めでタナを調節します。

そして、サルカンの下の部分にハリスを結びます。

フロロカーボンの2〜3号程度のもので大丈夫です。

長さは1ヒロ程度です。

そして、そのハリスにケミホタルを取り付けます。

使い方はパッケージの裏に記載されていますので参考にしてください。

取り付ける場所はハリスの真ん中くらいで。

最後にワイヤーと針を取り付けます。

釣具屋さんに仕掛けが売っていますのでそちらを使用します。

ワイヤーと針が取り付けてあるものなので、こちらを使うと便利です。

針の数はシングルやダブル、トリプルと売られていますが個人的にはダブルのものがオススメです。

これで仕掛けは完了です。

最後にエサを付けます。

エサは冷凍のキビナゴが主に使われています。

その他にもサバやサンマの冷凍の切り身なども効果的ですね。

エサの付け方ですが針の数によって異なりますが、基本的にちょん掛けでOK。

また、仕掛けのパッケージ裏にもエサの付け方が記載されていますので確認してください。

仕掛けを投入しましょう〜

電気ウキが沈んだらアワセを入れますが、ここでポイントなのが早合わせは厳禁です。

太刀魚は捕食が下手なので、ゆっくり食わせてやりましょう(笑)

とりあえず、ウキに反応があっても焦らず、しっかり食い込むのを待ちます。

このときすこ〜しだけ糸を張ってやると本アタリが分かりやすいです。

タナの設定ですが、食う時は浅いところでもガンガン食ってくるので、場所にもよりますが1.5〜2ヒロくらいで大丈夫です。

徳島で太刀魚を釣るポイントはたくさんあります。

有名なのは、和田島にあります赤石の岸壁や、津田の南波止、マリンピア沖の洲などですね。

赤石の岸壁なんかは、車を横付けして釣りができるので楽チンです。

しかし、シーズンになるとめちゃくちゃ人が多くて、割り込んだりするとトラブルにもなりますので、なるべく早めに行って場所取りをしておきましょう。

時間帯はやはり朝マズメと夕マズメが時合となりますので、そこを狙っていきましょう。

時合いを逃すと本当に釣れないので泣きそうになります・・・笑



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする