カワハギ釣り リール編

こんにちは〜

今日も暑くて死にそうですが、昨日に引き続きカワハギ釣りのネタを投稿したいと思います。

カワハギは本当に釣って楽しいし、食べても旨いし良いことづくしですよね。

今回はカワハギ釣りで使用するリールについて書いていきます。

リールにしても竿にしましても、カワハギ釣りのタックルに求められるもののひとつとしましては、『軽さ』だと思います。

カワハギ釣りは一日中竿を持ったまま釣りをしますし、タタキや宙釣りなどの誘いを掛けなくてはいけません。

私がカワハギ釣りを始めた頃は、カワハギ専用といった竿やリールは使わず、安物のよくわからない道具を使っていました・・・笑

正直、弘法筆を択ばずということわざもあるように、私自身もあまり道具から入らないようにはしていたのですが、一年間カワハギ釣りをしていたら専用の道具も欲しくなったので、低価格のものですが購入してみました。

購入した竿はダイワの早船(今はもう廃盤かも・・)

価格はいはら釣具で当時7000円くらいだったかと。

リールはシマノのステファーノCI4+です。

当時の価格は税込み15000円でした。

こちらのタックルを購入し、改めてカワハギ釣りをしましたところ、今までとは全然違う釣りやすさでしたし、本当に軽くて一日中楽に釣りを楽しむことができました。

他の釣りでも同じとは思うのですが、カワハギ釣りに致しましてはある程度の道具は揃えて釣りをした方が良いと思います。

また、専用の道具を使うと、釣果も全然変わってきますし、明らかに上達が早くなると思います。



スポンサーリンク

カワハギ釣り リール紹介

シマノ ステファーノCI4+

私も愛用しているシマノ ステファーノCI4+です。

本当にコストパフォーマンスのよいリールだと思います。

大きさ自体は従来のステファーノよりも大きめですが、重量は軽くて巻き心地も良く、扱いやすいリールとなっております。

価格も安めなので、初心者の方にはオススメしたい一品です。

シマノ ステファーノSS

こちらはシマノの新作リールですね。

ステファーノなのですが、SSということでステファーノの廉価版と言ったところでしょうか。

自重160グラムの軽量モデルとなっており、低価格ですがハイスペックのリールとなっています。

シマノ ベイゲーム

以前のベイゲームは真っ黄色の個性的なリールでしたが、今回はスタイリッシュなデザインとなっています。

今回のベイゲームはキャスティングも視野に入れた仕様となっているようです。

コンセプトは攻めて、攻めて、攻めまくるリールということです。

価格も2万円弱となっています。

カワハギ釣り 竿(ロッド)はこちらから⬇️

こんにちは〜 今日は土用の丑の日ということで我が家ではうなぎの蒲焼きが今晩のご飯になっております。 みな...



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする