徳島で黒鯛(チヌ)のフカセ釣り 釣り場(ポイント)紹介

こんにちは。

私はグレ釣りが好きなのもありまして、ここのブログもグレ釣りメインの記事が多くなっていますね。

ということで、たまにはチヌ釣りの記事も書いてみたいと思います。

さて、今回は徳島でのチヌ釣りポイントを紹介したいと思います。

グレなんかとは違って、チヌは年中釣りを楽しむことができますし、磯に行かなくても波止などでも大型が狙え、手軽に楽しむことができて良いですね。

私も以前はグレ釣りに凝ってしまいまして、毎週、毎週、ひどいときには週に2、3回は磯に通っていました。

そして、チヌ釣りを少しバカにしていたようにも思います(笑)

しかし、私も結婚しまして、子供も授かって以来お小遣いが少なくなってしまい・・磯に行ける機会も少なくなりました・・・笑

そこで、波止でも手軽に楽しめるチヌ釣りを結構するようになりました。

最初は難しくてなかなか釣ることができませんでした。

隣の達者なおっさんは何匹も釣っていたのに、私だけ0匹とが普通にあってへこんだ記憶が何度もあります。

その後も波止に何度も通っているうちに、少しコツもつかみまして隣の達者なおっさんよりも釣ることができた時なんかは、すごくうれしかったことをよく覚えています。



スポンサーリンク

・徳島のチヌ釣り場(ポイント)

前置きが長くなってしまいましたが、徳島でのチヌの釣り場(ポイント)を数カ所、紹介したいと思います。

・津田一文字

徳島の釣り人なら知らない人はいないと思われますが、津田沖にあります防波堤ですね。

こちらには渡船で行かなければならないのですが、現在は1000円ほどで行けますのでお手軽です。

渡船は津田海岸町にあるサンライズ渡船と、沖洲から出ているニュータケダ丸があります。

各渡船屋のブログに料金や乗船場所、釣果情報などの詳しい情報が載っています。

サンライズ渡船

http://sunrise-tosen.cocolog-nifty.com/

ニュータケダ丸

http://blog.livedoor.jp/newtakedamaru/

津田一文字は私も何度もいったことはあるのですが、意外にも釣れないです(笑)

というか、難しいですね。

潮がとても早いときもあれば、二枚潮のときもありますし、風や波にも弱いですしね。

また、釣り場自体がとても広いのでどこで釣っていいのかも分からないです・・

常連さんは良いポイントも知っているようですが、私はイマイチわからないです(笑)

人気があるのは、赤灯付近や、コーナーの辺りですかね。

その日によって状況も変わってくるので、船頭さんと相談するのも良いと思います。

・マリンピア沖洲

こちらは波止の前まで車で行くことができます。

波止は長く、先端まで行くと結構疲れます・・

手前の方でもチヌは釣れるので、先端まで行かなくても個人的にはいいと思っています(笑)

内向きでも釣れますが、沖向きのテトラの方が実績があります。

ちなみに秋に50センチ以上のチヌを釣ったこともありますし、大型にも期待ができると思います。

・鳴門 北灘

鳴門の北灘には多くの漁港があり、どこの波止場でもチヌがよく上がっています。

大浦漁港には近くにさかな市があり、トイレもありますので女性の方も安心です。

その他にも櫛木の波止、粟田漁港など良いポイントが点在しています。

どこの波止も沖向きのテトラがある方が本命のポイントとなっています。

ゴールデンウィークを過ぎたあたりからオセン(スズメダイ)の群れが出てきますので、エサ取り対策も必要です。

・牟岐漁港

徳島市内からは離れますが、こちらの牟岐漁港は大型のチヌも多く、数釣りができることも多くあります。

以前、夏場にも関わらずエサ取りも少なく、数時間で50センチ前後のチヌが5、6匹に35センチほどのグレも釣れたことがあります。

その日によって好みのエサが違うようで、オキアミでしか釣れない日もあれば、コーンにばかり食いついてくる日もありました。

狙うポイントとしましては、沖向きのテトラ側ではなくても、内向きの波止場から狙えます。



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする