フカセ釣りオススメの道糸、ハリス紹介

前回に引き続きまして、道糸(ライン)また、ハリスについて書いていきます。

今回は私のオススメする道糸とハリスを紹介したいと思います。

私の独断でのオススメ商品ですので異論は認めますし、他にもたくさん良い商品はありますのでいろいろ試してください(笑)



スポンサーリンク

・オススメの道糸

サンライン 磯スペシャル ビジブルマーキー

こちらはフロートタイプの道糸です。

フロートと言いましてもめちゃくちゃ浮くって感じでもなく少し沈みますので風の影響も受けにくくなっています。

そして何と言っても視認性の良いカラーとなっています。ホワイトがメインでその間にブラック、オレンジ、ブラック、グリーン・・・といった配列になっています。

また、水切れもよく、非常に使いやすい道糸だと思います。

シマノ BBX アクアダイン

こちらはシマノのラインです。

色はホワイトです。

はじめは白い道糸なんか見にくいだろうと思っていた私ですが、試しに使ってみると本当によくラインが見えます。

白は非常に視認性が良いことを実感して以来、ホワイトラインを多用しております。

他にもホワイトの道糸はたくさん売られているのですが、個人的にこちらの商品が強度も強く感じますし、お値段も他と比べて少しお安めなのでよく使っています。

ホワイトカラーを使ったことのない人はだまされたと思って一度使ってみてください(笑)

VARIVAS トリビュート磯

こちらの道糸はフロートタイプのものです。

浮きすぎず、沈みすぎずの水面直下を漂うような仕様になっており、波や風にも強くなっています。

また、グリーンカラーで視認性もよく、撥水加工で水切れもよく使いやすい道糸となっております。

お求めやすい価格なのも良いですね。

・オススメのハリス

サンライン トルネード Vハード

このハリスは昔から人気のある商品ですね。

人気のトルネードシリーズの中でも最強と謳っております。

しなやかさもありながら、抜群の強度を誇ります。

価格は少し高めですが、信頼の置けるハリスとなっています。

サンライン トルネード KONG

先ほど紹介しました、Vハードに比べて強度は多少劣りますが、しなやかさを兼ね備え、食わせることに特化したハリスとなっています。

根擦れにも強くなっており、不意の大物にも対応できるとのこと。

価格も安めで、コストパフォーマンスに優れています。

サンライン トルネード松田スペシャル競技 ブラックストリーム

こちらは、徳島の名人、松田稔が監修したハリスとなっております。

強度、耐摩耗性などすべてにおいて優れています。

また、ラインカラーも黒潮カラーということで、カモフラージュで食いも良くなっております。

ただ価格が高いのですが、70メートル巻きなので考え方によっては使ってみても良いかも・・・笑

シーガー グランドマックスFX

こちらのハリスは私お気に入りでよく使っています。

何が良いかと言いますと、まずは細い!!笑

1.5号のハリスでも他社の1.5号よりも細く感じます。

それでいて強度もあり、グランドマックスFXはしなやかさも兼ね備えているので食いも非常に良くなっています。

巻き数も60メートルと少し多めでお得ですね。

さて、今回はオススメの道糸とハリスを紹介しました。

今回紹介したのは本当にほんの一部なので、他にもいろいろと試してみて、自分に合ったお気に入りを見つけてくださいね。



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする