フカセ釣りで使用する道糸(ライン)について

今日はフカセ釣りに使用する道糸について書いていこうと思います。

道糸と言いましてもいろんなメーカーからたくさんの種類の道糸が販売されていますので、その種類ごとにどのような特徴があるのかを書いていきます。



スポンサーリンク

・道糸の種類

最近ではフカセ釣りにもPEの道糸を使用する人もいるようですが、今回はナイロンの道糸について書きます。

道糸には大きく分けて3種類あります。

水面で浮く『フロート』

その逆に沈んでいく『サスペンド』

そしてフロートとサスペンドの中間である『セミサスペンド』です。

それぞれメリットとデメリットがあるので状況によって使い分けましょう。

・『フロート』のメリット

沈みにくいため、ライン操作がしやすい。

サラシや吸い込みの潮にラインをとられにくい。

仕掛けを遠くまで流しやすい。

・『フロート』のデメリット

操作はしやすいが、風には弱く、ラインが風にとられて張りにくい。仕掛けのポイントがずれてしまう。

フロートラインは操作性に優れており視認性も良いのですが、風にはめっぽう弱いので注意しましょう。

・『サスペンド』のメリット

風が強い日でも影響を受けにくい。

近距離での釣り、沈ませ釣り等に適している。

・『サスペンド』のデメリット

潮にラインをとられる。サラシや吸い込み潮に弱い。

遠くまで仕掛けを流しづらい。

サスペンドは水中に沈んでいるため風には強いですが、遠くまで仕掛けを流したりしていると、途中で潮にラインをとられたりするので、張りが難しいです。

・まとめ

フロートラインとサスペンドラインは対極の特徴があり、それぞれメリットとデメリットが存在します。

できればスプールを数個用意して、違う種類のラインを巻いておければよいのですが、初心者の方がはじめはどれを巻けばよいのか悩んでいるのであれば、『セミサスペンド』を使用することをオススメします。

セミサスペンドタイプは、フロートとサスペンド両方の特徴を持っている・・というかどちらでもないというか・・笑

水面下で浮いているような感じなので、様々な状況に対応しやすくなっています。

また、ラインの交換時期ですが、プロの方ですと一回釣りに行くたびに交換しているという人もいます。

一般人の私はそんなもったいないことはできないので、一回釣りに行くと10メートルほど切って使用しています。笑

少し面倒ですがラインを反対に巻き直したりもしています。

やはり同じラインを何度も使っていると痛みますし、水切れ?が悪くなってラインメンディングもやりにくくなりますので、状態を見て交換してやりましょう。

今回は道糸(ライン)の種類について書きました。

次回は私のオススメの道糸についても書いていきたいと思います。

それでは、ありがとうございました!!



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする