グレ釣りで使用する刺し餌、撒き餌さ(集魚剤)について

暑すぎて毎日が地獄です・・・

さて今日はフカセ釣りで使用するエサについて書いていこうかと思います。

釣具店にはたくさんの種類のエサ、集魚剤が売られています。

正直言ってはじめは何を買えばよいのか私は分かりませんでした。

今回はオススメのエサを紹介します。

その商品によってどのような特徴があるのかも解説していきたいと思いますので、参考にしていただければ幸いです。

ちなみに私、エサはマルキュー派なのでマルキューメインで紹介します(笑)



スポンサーリンク

・刺し餌

刺し餌についてですが、基本的には生のオキアミが良いです。

その他にも店頭にはパック入りの刺し餌が売られています。

エサ取りが多い場合などは加工されたオキアミを使うと効果的です。

・マルキュー V9

こちらの刺し餌はハード加工されているのでエサ持ちが良くなっています。

また、集魚剤にもありますV9と同じ色に着色されているので、赤系の撒き餌との相性も良くなっています。

エサ取りが多く、赤系の撒き餌さを使用する場合はこちらがオススメですね。

・マルキュー スーパーハード

こちらもハード加工されたオキアミですね。

名前の通りスーパーハードで固いです(笑)

エサ取りの多い時期にはこれっ!って感じの定番の刺し餌です。

・マルキュー グレ丸

こちらも加工されているのですが生のオキアミに近いものとなっています。

普通のオキアミよりも身はしっかりしていて、遠投しても外れにくくなっています。

・マルキュー くわせオキアミスペシャル

『ULTRABITE・α』というものが添付されたエサです。魚の食い気を誘うようにできているみたいで食い込み抜群とのことです。身も固めでしっかりしています。

・マルキュー 特鮮むきエビ

その名の通り、大粒のエビのむき身です。

そのむき身に旨味成分やアミノ酸などが添付されております。

見た感じ、人間が食べても美味しそうに見えますね(笑)

大粒なのでエサ取り対策にも良いですし、食いも良くなっているので食いが渋く、オキアミで釣れない時にも効果が期待できます。

エサ取りが多い時、食いが渋い時などその状況に合わせた使い方をしましょう。

しかし、撒き餌に混ぜているエサは生のオキアミです。

やはり撒き餌さと同じエサが一番自然ですし、食いは良いと思います。

加工エサに頼り過ぎずいろいろ試すようにしていきましょう。

できれば数種類のエサを持っていくようにしましょう。

それだけで釣果に差が生まれると思います。

・撒き餌(集魚剤)

撒き餌に使用する集魚剤についてです。

こちらもたくさん種類があります。

商品ごとの特徴を覚えてその時期、その釣り場にあった集魚剤を選ぶようにしましょう。

私は、オキアミ2角+V9(1袋)+超遠投グレ(1袋)・・こんな感じの配合にすることが多いです。

・マルキュー V9

マルキュー集魚剤のド定番。バランスの良い配合となっており、集魚力はもちろんのこと、まとまりも良いので遠投もできます。また、着水してからの拡散性も良いですね。

個人的には混ぜていて一番いいにおいがします(笑)

そしてたっぷり使える徳用もあるのでこちらもオススメですね。

・マルキュー V10

こちらはV9と違って白色の集魚剤です。

白は視認性が良く、どう流れているのか潮の流れがよくわかります。

集魚力も良く、バランスの良い配合です。

沈下速度は遅目で、ゆっくりと沈んで行きます。

・マルキュー 爆寄せグレ

こちらは強い集魚力の配合となります。とにかくグレを寄せたい時にはこれですね。

大きめの粒子や高集魚エキスなるものがグレを刺激するようです。

粗めの集魚剤となりますので遠投には向いていません。

沈下速度は早いです。

・マルキュー 超遠投グレ

遠投力ナンバー1を謳っている集魚剤です。たしかに遠投したいときはこれですね。

向かい風が強い時なんかでもよく飛ぶので、私もよく使用しています。

量も他と比べて少し多めに入っています。

・マルキュー グレパン

パン粉がメインに入った集魚剤です。

増量性に優れているので、安上がりに量を増やしたいときはこれですね。

しかし、集魚力は弱いので、違う集魚剤とブレンドして使用することをオススメします。

・マルキュー メガミックスグレ

こちらは『ULTRABITE・α』が配合された集魚力の高い集魚剤です。

お値段がお高めですが袋にチャックがついているので、他の配合に小分けにして混ぜることができます。

刺し餌にまぶしたりして使用するのも効果的です。

いろいろと紹介させていただきましたが他にもたくさんの集魚剤があります。

集魚剤は一種類だけではなく、数種類ブレンドして使用することが効果的です。

沈下速度が早いものと遅いものを組み合わせたり、集魚力の高いものと遠投性の良いものを組み合わせてみたりと、違う特徴を持つもの同士をブレンドすることも効果的です。

いろいろ試してみて、自分に合った配合を見つけてくださいね。

ちなみに最近金欠の私は、V9徳用とパン粉の組み合わせが王道となっています(笑)



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする