フカセ釣り:初心者にオススメのウキ5選!

こんばんは・・

今晩から大雨のようです・・

そして今週末も雨という予報なわけですので・・釣りに行くのは少しきびしいですかね〜

こんな時は、釣具屋に行って買い物をするのもいいですね。

・・と、言うわけで!今回は、フカセ釣りには欠かせないウキについて書いていこうと思います。

一応、初心者の方に向けて書こうかと思っていますが、私が使ったことのあるウキのレビューみたいな物なので、どなたでもご覧になってください(笑)

とりあえず、初心者にオススメのウキ5選! いきたいと思います。

①プロ山元ウキ タナプロセット

もう本当に、初心者だけどとにかくグレを釣りたいって人はこれに尽きると思います。なにせ初心者の時には仕掛けを上手く流すことが本当に難しいです。

むしろ、初心者の方が仕掛けの流し方って聞いても『なにそれ?』ってなるレベルだと思います。

私なんて初心者のころ、流し方なんて考えてもいなくて、とりあえず投入して仕掛けがウキ止めまで沈めば良いものと思っており、糸をバラバラ出していました・・笑

・・しかし、このタナプロセットはそんな感じに釣りをしていても、結構アタリが出て釣れることが多いです。適当に釣りをしていても、下についている大きめの水中ウキが潮を捕らえてくれますし、上についている小さめのウキは感度が良く、アタリが分かりやすいです。また、悪天候の場合にも強い見方になってくれるウキです。

初心者でなくとも最終手段にポケットに忍ばせておきたいウキですね。

浮力は2B〜4Bぐらいが使いやすいと思います。

②釣研 エイジア

このウキは私もよく使用するウキです。下膨れタイプのウキで、そこまで大きくはないのですが、重量もあり遠投もできるウキですね。

形としては感度が悪そうに見えますが、意外にも下膨れのウキは感度の良いウキで、アタリもわかりやすいです。

欠点としては安定感がイマイチよろしくないですね。浮かしているとウキの上側が左右に揺れて、ふらふらした感じになります。なので私は、少し沈め気味にするか、完全に沈めてしまい全誘導での釣りに使用することが多いです。

エイジアマスターピースというのもあって、こちらは0号を細分化したもので、0〜07まであります。全誘導にはオススメのウキですね。01でも結構沈みます。07までいくと着水した瞬間に水中ウキみたいに沈むんじゃないかな?笑

ちなみにマスターピースの方はちょっと高いです・・・

③釣研 ブランクレス

こちらのウキは低価格で、浮力も0〜5B、1号、1,5号、2号と幅広く、初心者の時は、このウキだけでまかなえると思います。形もオーソドックスなドングリ型で使いやすいです。

とりあえず迷ったらこれの0、B、3B、1号ぐらいを買っておけば大丈夫かなと思います。

はじめはウキをなくすことも多いと思いますので、コストパフォーマンスの良いウキは大変オススメですね。

④釣研 ゼクト

これは発売当初から人気のウキで、開発者は徳島県の磯釣り師、森井陽さんです。最近はシマノのテスターにもなって、テレビで見ることも多くなりましたね。

ウキの形状としては、スタンダードなドングリ型ですね。ウキの上部がへこんでて、これが潮をつかみ、浮き上がり防止にもなるそうです。感度も良いです。そして、最近は遠投モデルとしてLサイズが発売されていますが、Mサイズでも結構遠投できます。(笑)

欠点としては、投げ方が悪いと糸が絡みやすいです。風が強い日とか、結構絡みますので慣れも必要かなと思います。

⑤釣研 プログレスチヌ スタンダード

最後にチヌ専用モデルのウキを紹介します。

こちらのウキは、全誘導を前提に作られたもので、大きめサイズの下膨れタイプのウキです。チヌ専用に作られているのでもちろん遠投もできますし、視認性も良いです。

浮力に関しては、ファースト、ミディアム、スローの3種類しかありません。しかし、これが初心者にはとても優しいですね。いろいろと悩まずに済むし、とりあえずこの3つを持っておけばチヌ釣りに行けますからね。(笑)

ウキのヘッドカラーは、オレンジとマスカットの2種類があります。このウキは沈むのが前提に作られているので、マスカットがオススメですね。水中ではこのカラーが絶対に見やすいと思います。

さて、いかがだったでしょうか?

私のことを釣研の回し者だと思ったでしょうか?笑

今回初心者にオススメのウキという名目だったので釣研押しでいきました。

なぜなら釣研のウキは、ポイント(釣具屋)だと他の釣具屋で買うよりも安く買えるからです。

正直言って、他の釣具屋がセール中でも普段のポイントで買う方が安いです。釣研に関しては・・

というわけで、フカセ釣り初心者にオススメのウキ5選でした。

ありがとうございました。。



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする