津田南波止沖でのキス釣り

こんにちは・・

楽しい楽しい土日が終わり、月曜日が始まってしまいましたね・・

週末の楽しい釣りに向けて今週も頑張って行きましょう〜!!

さて、今回は一昨日に行ったキス釣りについて書いていこうかと思います。

キス釣りと言いましても、陸からの投げ釣りではなく、今回は船を出しましてボートでのキス釣りをしてきましたよ。

やはり、普段から釣り客が少ないためなのか、数釣りも楽しめましたし、なかなかの良いサイズも上がりました。

今回行った場所は・・

津田の南波止とその向かいにある浜の間の海で釣りをしました。

ここは手漕ぎボートでもいけそうな場所ですね。

私の他にも2、3名の方が釣りをされていました。

使用したタックルですが、竿がシマノのブラックバス用の竿を使用しました(笑)長さは170ぐらいですかね。

リールはシマノのナスキー2500を使用しました。ラインはこちらもブラックバスように巻いていた2.5号ぐらいのナイロンです(笑)

仕掛けですが、小さめの天秤に8号ぐらいのおもりをつけたものに、2本針の仕掛けを使用しました。針は何号か忘れましたがキス用の小さめの針です。

エサは石ゴカイで、針と同じサイズぐらいに切って使用しました。

少し遅めの、午前8時ごろに釣りを開始しました。

最初は砂浜から15メートルほど離れた場所で釣っていました。

投入して直にアタリがあります。

10センチ程度のキスがポンポンと釣れました。

沖の方よりも陸に近い方がキスの数は多かったですね。

途中、沖の方にも行ってみたのですが、アタリが全くなく、エサもとられることがありませんでした。

やはり、この時期のキスは深いところにはあまり行かないのでしょうか・・

その後も陸から10メートルほどの場所で釣りを続けていたのですが、なんせ型が小さく、イマイチ楽しさがない・・・笑

ためしに津田の南波止に近い場所へ移動しました。漁船などの通り道で、少し深めになっている水道のあたりです。

ここでの一投目・・・いきなり手にデカいアタリがっ!!今までにはなかったアタリで興奮しましたw

これは違う魚だろうと、糸を巻いてくると・・

25センチ近くあるキスでした。

本当に同じキスでもここまで大きくなると全くアタリと引きが別物の魚です・・笑

その後も20センチオーバーのキスを数匹追加しましたが、この場所は底が悪く根掛かりが頻発しましたので、結局元の場所に戻りました。

やはり型は10〜15センチ程度のキスが多かったのですが数釣りを楽しむことができました。

また、一度キスとは違うアタリがあり、上げてくるとマゴチの子供でした。

やはり、底が砂地でキスもたくさんいるので、コチやヒラメなどの魚種もたくさん生息していそうでした。このような魚も狙ってみると楽しいでしょうね。

さて、3時間ほど釣りを致しまして、エサもなくなったため、釣り終了です。

二人で釣りをしていたのですが、100匹以上のキスを釣ることができ、大変おもしろい釣行となりました。

また、近いうちに行けたらと思います。



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする