フカセ釣り:初心者にオススメのタックル(竿、リール)について

こんにちは。

前回に引き続き、磯釣り(フカセ釣り)初心者の方にオススメの道具を紹介していきたいと思います。

今回は初心者の方が釣りを始めるに当たってのオススメタックル(竿、リール)紹介です。

まずは、竿(ロッド)についてです。

磯竿はいろんなメーカーから出ています。安い磯竿なら1万円以内で購入できますし、高額な磯竿になると10万円を軽く越えたりもします。また、同じ竿でも号数と長さもいろいろあります。

初心者が一番悩むところなので、参考にしていただけたらと思います。

(このブログを見てくれている方は徳島周辺の方で、クチブトグレを狙う方が多いと想定して書いていきます。)

まずは、購入する竿の号数と長さを決めましょう。

グレ竿なら1号〜1.5号、チヌ竿なら0.6号〜1号くらいが良いと思います。

30〜50センチほどのクチブトを狙うのであれば、1.25号で十分でしょう。

また、竿には適合ハリスがありますので、自分のよく使う号数のハリスに合った竿を選びましょう。(適合ハリスは竿に標記されています)

例:磯竿1.25号なら適合ハリスは1号〜3号くらい。

また、竿の長さですが、5メートルと5.3メートルが標準となっています。初心者の頃は、5メートルの方が扱いやすく、値段も少し安いのでオススメですね。

竿の性能と購入しやすい価格帯を考慮してオススメできるものは・・

・ダイワ 大島 (25000〜30000円くらい)

・シマノ ライアームGP(40000円くらい)

入門向けにはこのあたりの竿でしょうか。大島はコストパフォーマンス抜群で、この価格でもメガトップを搭載している計量モデルの竿です。穂先付近のガイドは糸絡みが少ないIMガイドにもなっています。

シマノのライアームは大島と比べると少し値が上がりますが、性能としての評価が高く、上級者にも人気のある竿です。最初にこの竿を購入しておけば、ずっと先も愛用できると思います。

では、リールに移りたいと思います。

リールに求める物と言えば、やはり巻き心地と軽さでしょうか。

フカセ釣りをするのならLB(レバーブレーキ)がついているリールを使うのが一般的になっています。正直魚とやり取りをする際にレバーブレーキを使うことは最終手段的な感じでそんなに使いません。(糸を出すと逆に切られることが多い)

初心者がレバーブレーキリールを使うと、むやみに糸を出してしまいがちで、魚をバラしてしまうことも多いです。また、無意識にレバーを逆転させたままで、リールの糸が絡みまくっていたなんてことも最初はよくあること・・(笑)

しかし、扱いに慣れると本当に便利です。仕掛けを作っている時など、ちょっと糸を出したい時や、魚を玉網入れする際など、いろんな場面で使えます!

是非、LBリールを使用して早く慣れるように練習しましょう。

オススメのLBリール

シマノ BBX デスピナ

ダイワ インパルト

この辺りがオススメです。2.5万〜4万くらいのリールで十分だと思います。このあたりの価格のリールでも十分軽いです。巻き心地も・・まあ私は十分だと思ってます(笑)

また、磯で使うリールって手入れをしていても傷がつきやすいですし、海水がかかることも多く、あまり長持ちしないので余程のこだわりがなければこのくらいのリールで十分です。

大きさは2500番程度で大丈夫です。

竿とリールについて簡単に説明させていただきました。

その他にも柄杓とか、いろいろ紹介したいものがあるのですが、また後日にしたいと思います。

それでは、本日も見ていただきありがとうございました。



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする