美波町、木岐の磯釣り

こんにちは・・・

今回は木岐の磯についてお話ししたいと思います。

木岐の磯には中崎渡船さんで行くことができます。

中崎渡船は木岐漁港から出ています。

日和佐道路を由岐でおりて、海沿いを南に少し走ると到着します。途中にある田井の浜海水浴場は真っ白の砂でとてもきれいな海岸です。

出航時間は大体6時頃ですが、季節により時間帯が変わってくるので事前に電話で確認してください。

料金は4000円です。

弁当はなかったと思いますので持参していきます。

期待できる魚種としましては、グレ、チヌ、イサギ、アイゴ、イシダイ、イシガキダイなどです。上物意外に底物師にも人気があります。

木岐の磯は数自体はあまりないのですが人気の磯も点在しています。

中でも一番グレの釣果が期待できる磯としましては、沖のハエだと思います。

この沖のハエという磯は、日和佐の渡船屋も来ることがあるため、磯についても船上で待機し日和佐の渡船屋を待ちます。また、沖のハエは波にも弱いため、上がれないことも多くあります。ポイントと致しましてはやはり先端のスベリが人気だと思われます。ここはとくに波に弱いです。

潮通しも良く、グレはもちろん、良型のイサギなども期待できるでしょう。上物狙いの釣り人には絶好のポイントとなっています。

しかし、人気があるため渡船に乗っている大方のお客さんがこの磯を狙っています(笑)

そのため、上がることはなかなかに難しい磯です。(みんなこの磯に着くまで他の磯におりませんw)

そして沖のハエに上がる人が決まると、残った人たちは次の磯に続々と上がっていきます。

その中でも人気なのは、大辰巳、中のハエ、金輪、赤バエなどがあります。木岐はどの磯も波に弱いところが多いので、注意が必要です。

狙い目の季節としましては、秋頃や初冬、またゴールデンウィーク明けぐらいから梅雨にかけてです。

私は沖のハエと赤バエに上がったことがあるのですが(どちらも5月中旬)、感じたこととしまして。

赤バエはチヌが多く、グレの魚影は少なかったです。チヌ狙いで行くのなら良いポイントだと思います。

沖のハエは本当にグレの魚影が濃く驚きました。型は28〜40センチほどでした。エサ取りも多かったのですが、グレの数が多いため、撒き餌に普通に合わして釣ってもグレが先に食ってきます(たまたまグレの活性が良かったのかも)のでとても簡単な釣りができました。(笑)

また、大型のチヌも釣れ、私の釣り人生の中でも忘れられない釣行となっています。またいずれ沖のハエには上がってみたいと思っているのですがなかなか上がれません・・orz

木岐の磯は徳島の中では少し陰が薄い感じもしますが、すばらしい磯もたくさんあるので是非一度足を運んでみてください。



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする