阿南市、淡島海岸でキス釣り

こんにちは。

今日はフカセ釣りではなく、投げ釣りでのキス釣りについて記事を投稿させていただきたいと思います。

自分自身投げ釣りにはたまに行く程度なのですが、キスがたくさん釣れる良い季節になってきたので6月の上旬に一度だけ、阿南市にある淡島海岸に行ってきました。

それにしてもとても広い海岸ですね。どれだけ釣り人がいても全然余裕で投げ放題です。夏場になっても海水浴に訪れる人もほとんどいないため釣りがしやすいです。

私は投げ釣り経験が浅いので、こういう広い場所だと安心して投げることができます。また、海底も岩場や海藻、ゴミなどが少なく、仕掛けを引っ掛けることがほとんどないのでその点も安心です。投げ釣り初心者にはオススメポイントだと思います。

もう少し暑くなると1色や2色程度でキスがたくさん釣れます。小さめのサイズが多いですが数釣りが楽しめますし、中には20センチを越えるキスも混じることがありますので、とても楽しい釣り場だと思います。

↑去年の7月頃の写真です。

全部の針にキスがついているとめっちゃうれしい!!

今回は、この工場の煙突がある辺りから北の方に向かって歩きながら釣りをしていきました。

4色〜5色ほど沖から巻いていきますが魚のアタリがありません・・・

6月の上旬で水温も上がってきてはいましたが、少し早かったかな?

その後、少し歩いて数投するとアタリがまったくわからない、小さいキスが一匹ついてました。何色目で釣れたのか分かりません(笑)

その後も何投かすると、大きくて10センチくらいのキスが1匹、2匹釣れる程度でした・・・

釣れないのでまたまた北の方へ歩いていき、前に見える福村の磯?に向かってぶん投げます。(全力で投げても5色くらいしか飛ばないw)

4色ほど沖からゆっくり巻いていると2色ほどのところで竿先にビリビリ!と手元に伝わるアタリがっ!

貴重な1匹だと思い、すぐに巻き上げました。15センチほどのキスでした。(写真撮り忘れた・・)

決して大きくはないですがこの日一番のサイズでしたのでうれしかったですね。なによりキスのアタリがわかったのが一番うれしかった(笑)

その後も続いて釣れてくれるとよかったのですが、残念ながら同型のキスを一匹追加しただけで終了しました。

・結果

キス 8〜15センチを7匹・・・

う〜ん、今回は残念な結果でしたが、先日知人から聞いた情報によると、由岐や日和佐の海岸では3時間ほどの釣行で70〜80匹釣れたそうです。うらやましい!

今回は不完全燃焼で終わってしまいました・・

後日リベンジマッチに行きたいですね。

その時には良い報告が出来たらと思っております・・



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする