フカセ釣りのウキ紹介

どうも、こんにちは。

先日に引き続き道具というか、本日は私が愛用しているウキを紹介していこうかなと思っております。

フカセ釣りっていうのは凝り出したら道具をガンガン買っちゃいますよね・・

竿やリールは高額なもんでなかなか購入することは出来ませんが、小物とか、特にウキなんかは、まあ高くても2〜3千円ってところですよね。(中には5千円ぐらいする名人様のありがた〜い商品もありますが・・笑)

これくらいなら買えると思って釣具屋でセールなんかをしているたびに買っていると後ですごい金額になっていてびっくりすることが何度もありました。また初心者のころはよくウキを高切れさせてしまい、何度も買い替えた記憶もありますね・・・

そんなこんなで私自身、ウキはたくさん持っていますが、今回はその中でもよく使用するウキを一部紹介します。

左上は、『山元ウキ タナプロセット3B』です。

このウキは、本当に最終手段ってな感じでお世話になっています。価格はセットで2500円くらいでしたかね。なんせ釣り始めから最後までこの仕掛けがあれば、正直大丈夫かなって思うのですが、これに頼りすぎると本当に釣りが上達しない気がするので私は最後の手段にしております。(笑)

初心者の時に使わせてもらいすぐに釣れたこともありましたので、初心者にはすごくオススメのウキだと思います。仕掛けの流し方が悪くても、大きめの水中浮きが潮をとらえてくれます。上のウキは小さめで感度もよく、魚のアタリがよくわかります。

その右側、釣研の『フリクションゼロ 2B』と同じく釣研の『ビッグ水中 −2B』ですね。

フリクションゼロはその名の通り糸落ちが早く、仕掛けの馴染みが早いですね。また、価格も安めでコスパも良いです。遠投も出来るし、使いやすいウキです。

ビッグ水中は先ほど紹介したタナプロの水中浮きと同じく大きいので潮受けがよく、遠投もできます。

真ん中左側、『山元ウキ 1.0号』、『山元ウキ サイトプロ0』、『山元ウキ B』ですね。

1.0号のウキはサイズがSサイズで、あまり遠投が出来ないので大きいサイズにした方がよかったと少し後悔していますが、ここぞというときに1号は活躍してくれています。

サイトプロも衝動買いしたのですがサイトフィッシングするなら0号より、Bぐらいにした方がよかったと後悔しており、あまり使っていません・・(笑)

Bの山元ウキはお気に入りで、よく使います。そこそこ遠投もできるし、感度も良い、Bという浮力は自分にとって一番使いやすいという感じでガッツリ愛用しております。

その右側、『キザクラ鵜沢ウキ 02』、『ウェーブマスター 3B』、『釣研アタリウキ 0』です。

鵜沢さんのウキは、沈むやつですね。02は着水したらすぐに沈みますので少し水深がある場所なんかで使います。アタリはバチバチきて気持ちいいですね。でも私はウキは浮かしたい派なので、たまに使うくらいです。(笑)

ウェーブマスターは、普通のドングリ型のウキですが安くてコスパが良いです。特に特徴がないのが特徴な気がします。(笑) 素材は樹脂っぽいです。

あたりウキは浅場に魚がいるときに使おうと購入しましたが、意外と使わないっすね・・正直いらないと思いますwww

左下、『釣研ジャイロ B』、『アクロ? G2』です。

ジャイロは感度が良いと謳っており、エサ取りと本命のアタリの違いが分かるそうです。素人の私には分かりません・・

アクロ?は2千円以上するウキで塗装なんかもしっかりしております。普通のドングリウキです。

ラストは自分が0号ウキでは一番愛用している、エイジア0、01、0αです。

エイジアマスターピースの方は0が0〜07まで細分化されており状況によって使い分けることが出来ます。私は0と01を主に使用します。0αも同じような感じの浮力ですね。私はウキ止めをつけずに使用することが多く、スルスル仕掛けで使います。ウキ止めがないので魚に違和感が少なく、食いが渋いときには効果的ですね。また撒き餌に同調もさせやすいです。

以上、簡単に説明させていただきましたが、私の愛用しているウキ紹介でした。

今後も機会があれば違うウキも紹介したいと思います。

ありがとうございました。



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする